M-airライダーのブログ


M-air所属ライダーによるカイトボード日記!
by m-airriders
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ヤングライダーズキャンプ開催中!!

毎年年末年始に開催しているヤングライダーズキャンプですが、この春も追加で開催!今回はヒロ(17歳)、ユウヤ(14歳)に加えて千葉からユウキ(15歳)、和歌山からはチビヒロ(8歳)も参加。
それぞれ連日課題の練習に取り組んでます。風も始まってからやむことなく吹き続け、かなりの練習量にみんな疲労蓄積気味にまでなってますww
すでにユウキとチビヒロは帰ってしまいましたがヒロとユウヤはあと1週間がんばります!!

3月の南風が3日間吹いた前浜の練習風景からアップします!
3/27~29ヒロ






ゆうや


ゆうき

[PR]

by m-airriders | 2012-04-04 22:45 | SHUSAN

KTAアジアチャンピオンシップ最終日~ファイナルレポート

更新大変遅くなりました、PC故障からようやく復旧、記憶を思い出しながら書きます(汗)

KTAアジアチャンピオンシップ最終日はコースレース3本のみ行われました。フリースタイルは十分な風が吹いてたにも関わらず、前日まで消化したベスト3決定以降は行われず昨日までの暫定順位が結果となりました。

男子優勝はポーランドのMarec Rowinski
女子優勝はエストニアのOja Kristin
でした。

日本人は
ヒロ 2位
アヤ 5位
です。

男子リザルト


女子リザルト


ヒロに関してはシングルの決勝相手、ポーランド人のMarecと再戦濃厚でしたが当たったとしても勝てたかどうかわかりません。ほぼ同等のトリックとヒロができないいくつかのトリックを低いカイトの位置で確実に決めて来て、相手がヒートミスするか、Marecができないダブルパスが決まらないと勝利は難しかったかもしれません。

アヤは完全な自滅の連続。ベスト3はほとんど同じトリックができるのでミスしたほうは確実に負けます。ミスせずにヒートをこなしても勝ち負けは微妙な差、もう1ランクアップして次回は挑みたいところです。


b0185445_1135376.jpg
b0185445_114849.jpg



アジアのフリースタイルのレベルは男子に関してはボラカイ、ムイネのローカルが成長、上位に何人か滑り込んでいます。レベルもトータルで高くなり、ほぼ全員パワードパスを繰り出してきます。日本人ではヒロ一人のみが通用するレベルです。

女子はレベルは昨年とあまり変わらず、アジア人のフリースタイル選手はほとんど見かけなくなりました。大会に出ているのはほとんどヨーロッパや南半球の国々出身の選手です。

コースレースアジアは最終日は3ヒート、合計14ヒートの戦いとなりました。
男子優勝はデンマークのBijon Jensen
女子優勝はドイツのKathorin Borgwarght
でした。

アジア勢では
男子3位にタイのYo、女子も4位にタイのFonが入りタイ勢の躍進が目立った大会です。

日本人では男子、杉原さんが11位、平田は15位の結果、女子はアヤが5位でした。
武田さんはアジアチャンピオンシップのカテゴリーではないですがKTAタイラウンド10位の結果です。
b0185445_1155444.jpg
b0185445_116710.jpg

コースレースアジアチャンピオンシップリザルト



コースレースに関してはこの1年でアジア勢の実力がかなり上がり、無名の選手やレース歴1~2年の選手もどんどん上位に割り込んできそうな勢いです。現状、日本人選手との差は相当あり、技術、経験、道具の知識などももう待ったなしの状態での精進が必要となってきました。

このままいくとさらにアジア、世界との差は広がるいっぽいでこれ以上置いて行かれると差を詰めるのは容易ではなくなってきます。2016年にオリンピック種目になったところで日本人選手の参加は今のままでは不可能。業界一丸となっての育成が不可欠です。

どんどん広がる世界との差…不景気に乗じて縮小し続ける業界…このままでは日本のカイトボードシーンは凋んで行く一方です。もっと海外やアジアに目を向け、その差や盛り上がりを目の当たりにし、覚醒してくれる人が増えることを期待します。

この秋に宮古島へKTAツアーを招致する動きをこの春から開始します。KTAオーガナイザー側からも日本での大会開催を強く希望しており、地元の協力やスポンサー確保など高いハードルがたくさんありますが尽力する次第であります。
その節は皆様の協力が不可欠なのでよろしくお願いいたします。

日本で初の国際大会開催に向けて頑張りましょう!!


2011~2012KTA総合順位
[PR]

by m-airriders | 2012-04-01 11:07 | SHUSAN