M-airライダーのブログ


M-air所属ライダーによるカイトボード日記!
by m-airriders
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

KTA2013シーズンレポート

今シーズンのKTAもすべての大会が終了しました!
今年はインドネシア、タイ、フィリピン、中国の4か国で開催。M-airから彩が全戦、しゅうさんはフィリピンを除く3戦に出場しました。
b0185445_12144594.jpg


まずはコースレースですが、この競技にはRBクラスで彩としゅうさんが出場。男子は昨シーズンより各国選手そうとうレベルアップしてました。しゅうさんを始め今シーズン参加した日本人トップの選手もスキルアップはしていたのですが、さらに差は開いた感じ。特にタイのYoとボラカイのKenには全く届きそうにありません。彼らはやはり世界ランキングでも上位に食い込んでおりアジア人の希望の星でもあります。

5/18付IKAポイントランキング コースレースRBクラス男子
b0185445_12204468.png


肉体改造しているKenはともかく、欧米人に比べYoは小柄で体重も軽く体格も割と細身なタイ人です。経験と技術でかなり上位に行けるという可能性を示唆しているので日本人も見習わなければです。

しゅうさんは各大会とも終始最後尾グループでした、女子のトップにもよく負けてしまいます。基本的なスキルアップと失敗をなくす経験がもっと必要だと感じました、ただこの冬で50ヒート近くも戦ったので必ずこの経験は生きてくるはず。
自分自身は楽しみながら参加し、後に出てくる選手に何かを伝えられればと思います!
b0185445_1228518.jpg


彩のレースですが、シーズン途中に戦闘力の高いカイトに変更、そこから反撃が始まりました。インドネシアで3位の後、タイでは何レースか1位になるなど躍進目覚ましかったのですが、その後はライバルのKathrin,Fawnの二人のスキルアップが目覚ましく、結果的に彼女らに届かず総合3位でのフィニッシュでした。
フリースタイルと両立してのシーズン目、気持ちも体もベストに維持するのは難しい状況でのこの結果はまずまずといえるのではないでしょうか?
また昨年のオリンピック騒動に一番翻弄されたのも彼女です、中途半端な状態で思い悩みながらもよくフル参戦しました。
今シーズンからレースはいったん中断し、フリースタイルに専念するとのこと。さらなるレベルアップを期待しましょう!
b0185445_1236408.jpg


しゅうさん成績
第1戦(インドネシア) 10位/12人
第2戦(タイ)       12位/15人 
第3戦(フィリピン)   不出場   
第4戦(中国)      20位/24人

シーズンランキング 8位

彩 成績
第1戦(インドネシア) 3位/5人
第2戦(タイ)       2位/5人
第3戦(フィリピン)   3位/5人
第4戦(中国)      5位/6人

シーズンランキング 3位

b0185445_1244810.jpg


次にフリースタイルです。
こちらは彩のみ出場、結果から言うと年間ランキング2位でした。
女子は昨年からさほどレベルアップは見られません、参加選手もほとんど変わらず。そんな中の2位は少し物足らないというのが正直なところ、コースレースとの掛け持ちが影響あるとしても優勝回数がもう少しあればと思いました。

当面のライバルはエストニアのKristin Oja、女子ながらバインディングを履くスタイルでBJ3、KL3などのパワードパスを決めてきます。
さらにブラジル人のEstefania Rosaという選手も今年は参戦、彼女もパワードパスの持ち主で第2~3戦では準優勝しています!

トリックの多さでは両選手より彩の方が上だと思いますが、ここ一発の難易度の高いトリックを完成できるかが来期以降の優勝争いに影響してきます、夏場のスリランカ合宿の成果を発揮できればと思います。

b0185445_12594323.jpg


彩 フリースタイル成績
第1戦(インドネシア) 4位
第2戦(タイ)       2位
第3戦(フィリピン)   2位
第4戦(中国)      1位タイ

シーズンランキング  2位
アジア人ランキング  1位


大会シーズンも終わり今はのんびり、梅雨が明けるまで一息です。M-airライダーそれぞれ目標を持って来期に臨んでいきます!
また楽しくエキサイトなカイトシーンになることを約束して!!
[PR]

by m-airriders | 2013-05-21 13:02 | SHUSAN
<< ローカルルールとエリアのキープ 2013KTA第1戦 インドネ... >>